薬事法と個人輸入

まず厚生労働省では医薬品の個人輸入について以下のような見解です。
ttp://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/faq.html

Q 医薬品などの輸入は、薬事法でどのように規制されていますか。

A 医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器は、人の健康や身体等に直接影響するものであることから、その品質、有効性及び安全性について、科学的なデータ等に基づいて確認がなされた製品だけが国内で流通するよう、薬事法によって厳しく規制されています。 一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

つまり、個人的に輸入した薬を他人に販売したり、譲ったりしなければ事実上個人輸入は可能と言う事になります。

では個人輸入代行業者を使って輸入する場合はどうでしょう。

Q 個人輸入代行業者を介して海外から医薬品などを入手することは、薬事法上は問題ないですか。
A 最近、個人輸入代行と称して、外国製の医薬品や医療機器を広告して、それらの購入を誘引する仲介業者がいます。
しかし、日本の薬事法に基づく承認や認証を受けていない医薬品や医療機器の広告、発送などを行うことは、違法な行為です。また、何かトラブルが生じても一切責任を負おうとせずに、全て購入者の責任とされます。
こうした悪質な業者には、くれぐれもご注意ください。

ここで言う個人輸入代行業者とは日本国内で輸入業務を行う業者です。
つまり、販売、譲渡では無いとはいえ未承認薬品を広告等で誘引し販売に近いあっせん行為を行っている為、違法行為になると言っているのです。
又、国内個人輸入代行業者の広告を行うと同罪になる可能性が十分にあります。

上記のような事もあり、当サイトでは「個人輸入代行」のサイトを紹介していますが、事実上海外にある輸出(日本の個人宅まで医薬品を郵送してくれる)企業及びWEBサイトの紹介です。

海外から日本への輸出会社ですがWEBサイトは日本語ですのでユーザーが理解しやすいように「個人輸入代行」とか「通販」と表記されています。

今、日本語で「個人輸入代行」で何のオトガメもなく運営されているWEBサイトのほとんどがこのケースだと思って頂いて構わないと思います。

当サイトで紹介する「医薬品 通販の安心くすりネット」はマーレーシアとインドに輸出用倉庫を持つ企業で、衛生面や品質管理の行き届いた企業ですのでご安心ください。