バイアグラ50mg

シルデナフィル (sildenafil) はファイザーが製造・販売する勃起不全 (ED) 、および、治療薬。ED治療薬としてはバイアグラ (Viagra) という名称(商標)が、治療薬としてはレバチオ(Revatio)という名称が用いられている。投与はクエン酸塩の形態で経口にて行われる。シルデナフィルは狭心症の治療薬として研究・開発が始まった。
第1相臨床試験において、狭心症に対する治療効果は捗々しいものではなく試験の中止を決めるが被験者が余剰の試験薬を返却するのを渋り、理由を問うた所、僅かであるが陰茎の勃起を促進する作用が認められ、これを適応症として発売されることとなった 。
日本では市販から同年6月頃より、狭心症を患って硝酸塩薬を服用している者(主に高齢者)が個人輸入で入手して性行為を行った直後に心停止に陥り死亡する事例が数件発生した。
診断・処方箋が必要と医療用医薬品として正規販売する運びと厚生省は抑止の観点もあり臨床試験を承認データを用いるスピード審査を敢行し、1999年1月25日に製造承認、3月23日よりファイザーから医療機関向けに販売された。経口避妊薬の認可申請が10年以上に続け1999年6月2日に承認された事と比較し、各種団体・医療関係者からこの決定が恣意的であると声があがった。
症状がある場合、この薬(錠剤)を性行為の30分くらい前に服用すると陰茎が勃起し、性行為が正常に行える。
この薬は陰茎の勃起に効果はあるものの精液の量を増やす効果はなく、射精時にあまり精液が出ない、いわゆる「空撃ち」状態になると射精の快感は半減する。
この作用メカニズムは心臓病の治療に用いるニトログリセリン等の硝酸塩系薬剤と同様のものであるため、副作用として血圧の急激かつ大幅な低下や、心臓への酸素供給に支障をきたす狭心などがあらわれることがある。
同薬服用時に狭心発作に救急病院に搬送された際、服用者が同薬使用を告げずに硝酸塩系薬剤を投与され、症状が悪化・最悪の場合にはケースも見られる。
米FDAは2007年10月18日、男性性的不全治療薬の服用で突発性難聴になる恐れがあると警告し、ファイザー(バイアグラ)、イーライリリー(シアリス、一般名:タダラフィル)、バイエル(レビトラ、一般名:バルデナフィル)の3商品に対し、品質表示ラベルや説明書にリスクを詳しく記載するよう求める方針である。
医療機関で処方されている剤形は、25 mg 錠または50 mg 錠(一錠に 25 mg ないしは 50 mg の有効成分が含まれる)だが、ファイザーが米国等海外に於いて製造・発売している剤形には、100 mg 錠もある。
この 100 mg 錠は日本国内での製造承認は出ておらず、医療機関では処方されていない。日本で正規に入手するためには医師の処方箋が必要な上、健康保険の適用外で自由診療(保険外診療)のため、各医療機関が価格を定めることができるが、1錠およそ1,500円程度となっている。
この検査において基本的に陰茎を医師の前で露わにしたり、触診させる必要はない。その後、2000年代以降は心療内科を中心に、依頼すれば簡単な問診だけで処方する診療所も見受けられる。
その一方で、迷惑メール等の宣伝行為を行う前出の個人輸入代行による業者も多く、これら業者の活動が一般のインターネット利用者からは事態も発生している。
日本国内では販売が認可されていない 100 mg 錠を扱う業者もあり、2003年10月6日には同錠を扱った仙台市の業者が逮捕される事件も発生している。
コピー版バイアグラ

成分がバイアグラと同等と薬品も発売されている。
一般的に医薬品に関する特許には「成分特許」と「製法特許」の2種類があるが、インドでは「製法特許」だけ認めているため、成分が同じ化合物であっても製法さえ異なれば合法的に薬品を製造販売することが可能である。そのためインドでは多くのコピー薬品が作られ正規の薬品よりも安価で販売されている。国においては成分特許がコピー薬を日本に輸入・販売することは特許法に反する。日本国内での転売は薬事法による取締りの対象ともなる。インド等で合法的に製造されている薬とはファイザー社のバイアグラに偽造品(「Pfizer」「VGR 100」などと書かれた青色の錠剤)も出回っている。

バイアグラ VIAGRA 50mg 4Tabhttp://sigmasolns.com/viagra_50_4/

この記事のトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*